足首痛の治療法

病院

足や足首の痛む症状によって、診察科を選ぶ必要があります。腫れやかぶれなど痛む原因が表面的なものは、まず皮膚科で診察するのが適当といえます。痛みがひどかったり、骨折の可能性がある場合には整形外科でレントーゲンを取ってもらい、原因及び症状を把握するのです。また、神経系の障害ということであれば、麻酔科ということになりますが、日本ではまだ少なく、近くにない場合が多いです。

また、一言に整形外科といってもその専門性は微妙に異なります。手とか足とか或いは治療法(カイロプラティック、鍼灸)などです。医師の診断に疑問があったり、十分な説明してくれなかったりをする場合は、他の医師に受診してみるのも一つの手です。これは足首の治療だけのことではないですが。

病院によって無駄な診察・治療ばかりを施して、医療費をかさ上げするところもありますので、要注意です。病院の専門性については、インターネットや口コミ等で判断するしかないでしょう。後、通院に便利な場所或いは治療費、そして休日などの利便性も考慮するのは当然です。最初は、総合病院で診察してもらうのが無難でしょう。原因究明し、適切な診察科を紹介してもらえます。

足や足首の痛みの原因は、レントーゲンでは分からないような場合もありますので、MRIやCTなどの装置を備えたところを選ぶのは勿論です。しかし、費用対効果でそこまで検査をしなくて良い場合が多々あります。どれか1つでよいはずですが、それでも痛い原因が画像上に表れないこともあります。そうした場合、神経系の障害も視野に入れる必要があります。